<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

旅先の猫さん

f0090137_08481869.jpeg
抱っこさせてくれた(*^_^*)
アイライン濃いめの美少女
ゴロゴロ言ってホワホワで
連れて帰りたかった(>_<)

やっぱり猫と暮らしたい〜〜(>_<)



[PR]
by love_dolly | 2018-11-16 08:51 | カラダ:リウマチの現状など | Comments(0)

お泊りドライブ

友達夫婦とドライブはたまにするけど
お泊りは 長〜い付き合いでも初めて

去年 世界遺産に指定された福岡県の宗像大社へ
国宝がゴロゴロ

f0090137_10374677.jpeg

下関泊の夜は韓国料理屋の焼肉が抜群に美味かった
f0090137_10392798.jpeg

翌日は長門から萩へ〜〜

f0090137_10404530.jpeg
元の隅神社

f0090137_10440030.jpeg
東光寺

初めての場所ばかりで楽しかった〜〜
でも スッゴイ疲れて翌日は一日中ゴロゴロ



[PR]
by love_dolly | 2018-11-11 10:48 | カラダ:リウマチの現状など | Comments(0)

11月1回目のリウマチ通院

一昨日はリウマチ診察日
医療費は高額療養費制度の限度額で24,600円
診察+4週分の飲み薬+エンブレル4本

右手中指の腫れ以外は好調
毎日のジム通いで疲労蓄積(自業自得)
X55というレッスンでスクワットやるので
右膝痛あり(自業自得)

食欲は少なめで食べる量も少なめ
体重は太りたくて無理して食べてた頃より1kgぐらい減少

夜 爆睡しても疲れが取れず
午前中も本読んでると眠くなる
でもジム行きたいというジレンマ
土曜日は出たいレッスンが無いのでゆっくり〜〜
ホントは泳ぐ曜日なのに無理〜〜

f0090137_10100585.jpeg






[PR]
by love_dolly | 2018-11-03 10:10 | カラダ:リウマチの現状など | Comments(0)

10月の読書記録

読んだ本の数 : 11
読んだページ数:3535
ナイス数:81
真夜中の金魚真夜中の金魚感想
救いのない奴らのどうしようもない日常……でも何かウルウルしてくる。バカ息子ほど可愛い親の気分なのか……真夜中の金魚というタイトルが象徴的で良い。
読了日:10月30日 著者:福澤 徹三
爪と目 (新潮文庫)爪と目 (新潮文庫)感想
感情を押し殺す日常の先の恐怖が淡々と迫りくる「爪と目」子供は残酷で冷徹だ。
読了日:10月27日 著者:藤野 可織
悪貨 (100周年書き下ろし)悪貨 (100周年書き下ろし)感想
ホームレスが100万円!面白そう〜〜て読み始め……ミステリーっぽくなって来たところで……偽札組織の裏の陰謀とオンナ刑事のハニートラップ作戦……ワクワクし始めたのに……結局 日本政府も長いものにまかれて虚無感だけが残る。お金も夢も愛も実態のない幻〜〜
読了日:10月26日 著者:島田 雅彦
十字の記憶十字の記憶感想
元々の高校時代の友情が希薄で現在への繋がりが無理矢理っぽいかな〜〜そんなに責任感じる?上手く二人殺せたのに三人目は安易な方法で失敗するって………早紀を主人公に人生を追った方が興味が持てる。
読了日:10月24日 著者:堂場 瞬一
木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)感想
舞台のためのお話っぽい。出会ってしまった男女が実は双子だった的な退屈なドラマだけどちょっとドンデン返しがあって……でも結局は恋愛なんてやっぱり妄想の極致でした。
読了日:10月17日 著者:恩田 陸
退廃姉妹退廃姉妹感想
戦後を逞しく生きぬくオンナたちの凄み。例え良家の子女でさえも…退廃の裏の強かさに感動。
読了日:10月16日 著者:島田 雅彦
ロンリネスロンリネス感想
不倫話はウンザリ〜〜現実に転がってる有りがちななグダグダ不倫の心情描写も結局グダグダしてるだけでイライラする。不倫だろうが無かろうが恋愛の心情なんて終わってみれば滑稽なだけじゃんて思ってしまう今日この頃。
読了日:10月11日 著者:桐野夏生
灰色の犬灰色の犬感想
いやぁもう途中で挫折しそうになった。三人の人生が悪い方へ落ちて行くどん詰まり感と結末の陰惨さが見えて辛かった〜〜転落の人生をダラダラ読むのが嫌になって来てからのドンデン返しは無理矢理のハチャメチャに強引路線でビックリ!更にはラストのラストでホッと出来て良かった。
読了日:10月09日 著者:福澤 徹三
JR上野駅公園口JR上野駅公園口感想
運に恵まれない人生だった主人公の心と雑踏に紛れて聞こえてくる他の人生模様の欠片が交錯して切ない。
読了日:10月05日 著者:柳 美里
エトロフの恋 (新潮文庫)エトロフの恋 (新潮文庫)感想
世代を越えるロマンスの終焉がエトロフの森の中……もはや即物的な恋愛は魂に昇華される。
読了日:10月03日 著者:島田 雅彦
彗星の住人―無限カノン〈1〉 (新潮文庫)彗星の住人―無限カノン〈1〉 (新潮文庫)感想
「美しい魂」の方を先に読んだけど問題なく楽しめた。フツーの恋愛小説には辟易してるが こう言う世間離れしたのは好き。天皇とかマッカーサーとかまで出て もぉ最高に面白い。
読了日:10月02日 著者:島田 雅彦

読書メーター


[PR]
by love_dolly | 2018-11-01 20:32 | | Comments(0)