カテゴリ:親と介護( 19 )

踊らされる健康志向

最近一番美味しいモノは野菜ジュース
市販の「1日分の野菜」的なモノ
毎日欠かさず飲んでる
食欲もないので もぉコレだけでいいような気がする

病院でカリウム不足を言われた父親
サラダは昔から必ず毎日作ってたけど
その上に 父親は コンビニでビニール袋入りのキャベツサラダを
ムシャムシャ食べてたので
野菜ジュース勧めたけど
ジュースは断固拒否という〜〜
カット野菜はパサパサで美味しくないらしく
2回ぐらいで買ってこなくなった

今続けてるのは
テレビで見た血圧を下げ血流を良くするという
酢納豆!!!しかも夜食べろということで
納豆嫌いな父親が毎晩食べるように〜〜
毎朝食べてたワタシもついでに夜食べてる酢納豆
低血圧だったはずのワタシも
去年の年末ぐらいから高くなってきたし

もう一つは便秘解消にいいというキウイも
毎日食べてる〜〜
ワタシは全く便秘じゃないのでキウイはパス

そう言えばワサビも!血流良くなるとかで
何にでもワサビかけてる父親
カレーにも入れてたやん
もはや味とか関係ないらしい

テレビの健康情報が大好きな父親
チョロい!
いやワタシもか!?

f0090137_10383216.jpeg
生野菜好きだった猫さん



[PR]
by love_dolly | 2018-08-29 10:39 | 親と介護 | Comments(0)

バテる86歳

5/25に車に轢かれて骨折した左手小指
全治4週間と言われたけど
固定が取れたのが6週間後ぐらいだった
元気とは言えさすがに父親は86歳
骨もなかなか付かへんよね〜〜

おまけに生まれて初めてぐらいの酷暑続きで
熱中症っぽくなったり
食欲無くしたり
弱るよね〜〜86歳

その心配をしてるコッチも
何か気分が落ちるよね〜〜
昼過ぎにジムに行くために車に乗ると
溶けそうになるわ!
家から出るのにも相当な覚悟が必要

f0090137_11175337.jpeg




[PR]
by love_dolly | 2018-07-18 11:18 | 親と介護 | Comments(0)

父親骨折

25日の朝
町内のデイサービスから電話
左折巻き込み事故で父を轢いたと

ウォーキング途中
横断歩道を青信号で横断中のこと

慌てて歩いて5分の病院へ
翌日 CTの為に系列の病院へ行き
診断書

f0090137_10273045.jpeg

左手の小指と薬指が固定されたことの不自由さ
でもでも
足じゃ無くて良かった〜〜
右手じゃ無くて良かった〜〜

全治4週間って(>_<)
当日は痛がってたけど
その後は普段通り
左手にビニール袋巻いて入浴
娘の世話にはなりたくないようでf^_^;




[PR]
by love_dolly | 2018-05-28 10:36 | 親と介護 | Comments(0)

自傷行為?

歯科通院
口の中…… 歯を噛み締める辺りのホッペの内側に
噛んだ跡及び傷を指摘される

もちろん自覚有り有りで
本とか何かに集中すると
無意識に口の内側を噛みしめる癖

単なる癖だと思ってるのに
30年来の付き合いのある歯医者さんは
いつも緊張感があって 何かを抱えていると
いわゆる自傷行為の一種ではないかと
この前の毛細血管調べた時にも言われたけど

ノーテンキに暮らしてるつもりなんだけど
そう言われると無理に理由を探ろうとしてしまう

そりゃぁ 完璧にACなので
いくらでも探れるけど
母は亡くなったけど
父への恐怖心と不信感はあるし
病気やお金や その他諸々不安はあるけど
突き詰めて考えるのめんどくさいしと
やっぱりノーテンキになっちゃうし

とりあえず 噛み締めるのは
単なる癖だと思ってるので
癖を直すぞ〜〜!!!

f0090137_16073736.jpeg

リラックスするぞ〜〜って思うと
やっぱり普段は父への緊張感があるのが分かる
どこに居ても父の支配から抜け出せない感

旅に出てる時だけ解放される
旅したい〜〜って思っても
結局は父からの無言の圧迫感で出来ない
死ぬまで良い子で居続けるんだろうな






[PR]
by love_dolly | 2018-04-27 16:14 | 親と介護 | Comments(0)

正常と異常の狭間

最近の父親は ちょっとフツーっぽい
なるべく会話するように頑張ってるけど

基本すぐ怒鳴るし投げやりだし
気分屋だし超マイナス思考だしで
話しかけにくいし
なかなか会話が続かない

妙な言動の時は表情と言うか目つきが違う
フツーに話す時は表情もフツーっぽい

f0090137_21080400.jpeg

覚悟はしてるつもりだが
なるべく穏やかな日が続きますように





[PR]
by love_dolly | 2018-03-14 21:09 | 親と介護 | Comments(0)

父の妄想によるアート

f0090137_10345111.jpeg


久々に家の横へ回ってみたら
この光景である
毎日 カンカン音がしてて何かしてるな〜〜て
多分ここ何ヶ月か続いてる

雑然と置いてる訳では無いらしい
昨日たまたま隣人との会話が聞こえてきて

床下の通風口の格子がが何者かによって何度か外されたと
誰かの悪戯か何らかの犯罪の予兆であると
泥棒とか殺人とかの
なので通風口をブロックで塞ぎ
更に歩き難くし
夜中に歩いたら音が出たり転んだりすると
もぉ警察にも通報してあると

だがアタシには一切そんな話しはしてこない
不思議すぎる……





[PR]
by love_dolly | 2018-02-26 10:47 | 親と介護 | Comments(0)

父の妄想

86歳 色々と不安なお年頃

父の弟嫁が軽度の認知症らしい
一人暮らしなのでデイサービスなどを利用したり
一人息子が行ったりと大変らしい

親戚づきあいを嫌う父なのに
そんな事が分かって以来
あれやこれや悪い方へ思考が偏り
なんか精神状態がおかしくなってる

弟嫁の関係で変な電話があったと言う父
その事を その息子の家へ電話したらしく
日頃付き合いのない関係なのに

とにかく徐々に父親の様子が妙である
それが不安なこの頃である


f0090137_11045871.jpeg




[PR]
by love_dolly | 2018-02-24 11:05 | 親と介護 | Comments(0)

車の点検をする86歳

f0090137_19342128.jpeg
若い頃から車大好きな父親
86歳になってさすがに運転はしなくなったが
時々アタシの車のボンネットを開ける

大晦日 ボンネット開けて覗き込み
アタシを呼びつける
ラジエーターのタンクの蓋が無いと…

えーと????
蓋が無いまま乗ってたと???
誰かが閉め忘れたと???
誰が???
8月にディーラーで点検してもらって以来
アタシは開けてませんが
というよりアタシは車乗り出して30年
ボンネットを開けた事がありませんf^_^;

そして本日
また呼びつけられる
今度はバッテリーの蓋が1つ無いと…

えーと???
なぜ父親がボンネット開けるたびに
何かの蓋が無くなっているのかと…

ふっしぎーΣ('◉⌓◉’)
不思議過ぎて怖い
怖すぎて疑惑の真相を言葉にできない
昔から自分のミスを嘘で塗り固め
逆ギレする父親なので尚更である

ディーラーに行って蓋付けてもらった
もぉあまりボンネット開けないでね
ガソリン入れる時にも点検してもらうから
って言ったら逆上してキレた
めっちゃ怖かった

お年寄りのプライドを傷付けずに
上手に誘導するのは難しい







[PR]
by love_dolly | 2018-01-20 19:57 | 親と介護 | Comments(0)

優しさがわからない

この時期恒例行事
2〜3日前の喉が痛いからの
今日は本格的な風邪モード突入〜〜で
荒ぶる85歳の父親氏

ヒジョーに辛そうで不機嫌なご様子に
どう対処するべきか いつも戸惑う娘
で結局 ほぼ無視する表面上は非情な娘

その実態は
心の中では心配の気持ちと言葉でイッパイ〜〜
ならまだしも
不愉快と怒りが湧いている内面も非情な娘であった

f0090137_19525981.jpg

もちろん
このまま肺炎になったらとか
気になるほどの心配性でもあるのに
言葉でも態度でも表現できず………非常に残念な娘

小さい頃から 風邪ひいたり体調崩すと
母から怒られこそすれ優しくされなかったし
咳するだけで うるさいと怒鳴る父親だし
(多分 心配の裏返しに違いないという希望的観測)

家族に優しい言葉をかける習慣の無い我が家

咳しながら熱もあるとか訴えられても
そんなん自分で健康管理できてないからじゃん
て怒鳴りたくなるのを抑えるのが精一杯
なのでとにかく 早めの完治を切望



高校生までは他人から心配されたり優しくされても
何か嘘臭くて違和感しか感じなかった
クラスで誰かが調子悪いと
みんなが寄ってたかって 大丈夫〜?て言うのを
冷めた目で遠巻きに眺めてた

大人になって
他人には人並みに優しい言葉をかけるられるようになった
それにも偽善者のような演技のような違和感が付きまとう
友達から優しくされると有り難いって思えるようになった

でもまだ親には無理〜〜(>_<)
下手に心配の声掛けしても怒鳴られて怖い〜〜(>_<)
なのでとにかくヤッパリ早めの完治を切望






[PR]
by love_dolly | 2017-10-13 20:33 | 親と介護 | Comments(0)

既視感のようだけど……

日々 父親氏の体調が変化する
「フラフラする。頭が痛い。」
「昨夜は一睡も出来んかった。」
「匂いがわからん。ボケてきたのかも。」
「今日は何ともない。」
「ご飯が食べれん。」
「腰が痛い。膝が痛い。」
「手が震える。」
「耳鳴りがして耐えられん。」
などなど………(@_@)

今日は耳鼻科へ連れて行った
次は何を言い出して何科へ行くのか?

何を言われても
ぜ〜〜んぶ 嘘臭く感じるアタシは鬼か?!
それでも アタシの気分まで下がる

こんな気持ち前にもあったような〜〜モヤモヤ
既視感じゃなくホントにあった
母親の晩年と一緒
毎日毎日の不定愁訴
それに振り回され気の済むまで病院巡り

きっと高齢者特有の不安の表れなんだろう
思い込みも激しく家族の言うことは信じないし
気に入らない事を言われると病院も次々変える

f0090137_13582074.jpg

母の介護の時のジレンマが蘇る
娘だから親の介護は当たり前?
でも親から受けた支配 暴言 暴力が忘れられない

「あんたさえ居なかったら幸せになれた」
「あんたが居たから幸せになれなかった」
小さい頃いつも 母から浴びせられた言葉で
自己肯定感はゼロ
自分の存在自体が疎ましかった

「今まではあんたのために我慢して来たんだから
今度は あんたがアタシのために我慢する番」
大人になった娘に放った母の言葉

気付いた時には共依存ドップリで逃げられなかった

母が亡くなった時に
悲しみの裏でホッとしていた
これでやっと母の支配から逃れられると……

あれから12年
今度は父親と自分の問題
小さい頃から感情を表出できずに育った父親
怒りのエネルギーを抱え込んだままの父親
母親とは別の恐怖感がある
今まで向き合って来なかったし
向き合いたくもないので
何とか誤魔化しながらいこ〜(@_@)







[PR]
by love_dolly | 2017-09-25 14:22 | 親と介護 | Comments(0)