カテゴリ:逃げ場( 4 )

逃亡の旅

昔から 突然 無計画に旅に出るのが好きだった

それも母の具合が悪くなってからはままならなかった

4年前 強い抗欝剤や精神安定剤の副作用で人格が変わった母

幻覚や幻聴は治まったが
身体中の筋肉が弛緩していった

歩くことどころか茶碗を持つ手にも力が入らず
食べ物を噛むことも出来ず
まぶたまで垂れ下がり目を明けるのも大変そうになった

我の強いおしゃべりな母が別人のように大人しくなり
全く感情が無くなって行った

仕事をしながらの介護は
私の精神を極限まで追い詰めると同時に
一生このままで自分の人生は無くなっていくという恐怖で
自分を見失いそうだった

突然思い立ってネパールへ飛んだ

10日後の飛行機のチケットをネットで探しまくり
母をあずける施設を探しまくり
父と喧嘩をして
とにかく逃げるように飛行機に乗った

帰国後 母にかかりっきりになるであろう自分の生活を
しっかりと覚悟をするための最後の旅だと
自分を納得させての強引な旅立ちだった

たったの1週間
それでもネパールを野良猫のようにふらついた
安宿を転々として誰からも連絡が取れない状況で
初めて解放感に浸れた

今またそんな放浪癖が・・・
身体の奥底でウズウズと・・・
[PR]
by love_dolly | 2006-09-29 21:45 | 逃げ場 | Comments(11)

裏ブログ

更新ままならぬこちらのブログ

実は・・・
やや表向きな日常的なブログがもう一つある

向こうは友達も若造も見る

よって・・・
彼らには見せない本音はこっちにということで
こっちは裏ブログ

しかし裏ブログと言えども本音ってなかなか言えない

重い話題や暗い話題はこちら・・・
オモシロネタはあちら・・・

でも・・・
たまに話題がダブってるけど

誰か両方のブログ見てて同一人物だとわかったらスゴイ!
[PR]
by love_dolly | 2006-09-05 21:40 | 逃げ場 | Comments(6)

癒し的日曜日

二夜連続の夜遊びも虚しい日曜日

ジムで泳いだ

プールは人もまばらで一コース独り占めのゆったりした気分
BGMはエンヤで・・・ボーッと何も考えずひたすら泳いだ

水の中を浮力を感じながらスーッと進む時の快感はたまらない

いつの日か・・・イルカと泳ぎたい
そんな夢も持っていたことを思い出す

それほど穏やかな気持ちの日曜日
[PR]
by love_dolly | 2006-04-23 21:28 | 逃げ場 | Comments(6)

手紙

春になりかけて・・・でも今日は雪がちらつきました。
ご無沙汰していますがお変わりないですか?
気になりながらごめんなさい。

こちらは相変わらずの日々です。父も以前よりは随分落ち着いてきました。
ただ,私が遊びに出かけると機嫌が悪くなります。
もう慣れましたけどね。

母のいない生活にも慣れてきたようなそうでないような・・・
母にかかっていた時間の全てが自分のものとなり,楽にはなっているのですが。
逆にそれが居心地悪かったりします。

後悔しないくらいに,母のために尽くしてきたと自負していましたが,
亡くなってみると,やはり後悔ばかりです。

痴呆が始まって子供のように無邪気になることもあった母を
もっと可愛がってあげればよかったとか・・・

夜中に起されて,オシッコやウンチまみれのシーツを取り替えながら
涙ながらに母を責めたこととか・・・

思い返せばきりがありません。
友達には『誰にもまね出来ないくらいお母さんのためにやってきたんだから
お母さんは充分に幸せだったよ』と言われますが・・・
もっと母の寂しさを理解してあげればよかったと思います。

母を亡くして,今度は自分の寂しさと向き合う日々です。
一人で生きていくことを選ばなければならなかったのは自業自得ですが・・

若い頃から,結婚願望もなく子供も欲しいと思ったこともなく。
それでも,心の支えとなってくれる友達もいるし,たまにはデートするオトコもいるし
幸せだと感じます。

今ちょうど50歳,若いつもりでも
これからは老いていく自分から逃げる事もできず
どういう風に一人で年を重ねていくかが大きなテーマとなりそうです。
でもあんまり考えても仕方のない事ですけどね。
まぁ今までどおりお気楽に流されるままというところですが。

はやいもので,伯父さんが倒れてそちらへ飛んで行ってから一年ですね。
奥さんを亡くしての長い一人暮らしに
うまく折り合いをつけながらやっている伯父さんを見習わねば。

友達や彼氏のような男がいても,所詮 孤独からは逃げられないわけで・・・
しかも今の男は,何の巡り会わせか28歳の若造で
いつまでも一緒にいられるわけもなく・・・
ただ普通に結婚して子供が欲しいような男なので。
育てて送り出してあげるような役目なのかもしれません。
損な性分ですから。
でも立派に私の支えになってくれていました。

ただ,自分の孤独感を思うにつけ,伯父さんのことが思い出され・・・
私と同じように人に頼る事が苦手な伯父さんだけに心配です。

何か身体の事とか心配事があったり不安だったりしたら
遠慮なく頼って欲しいと思っています。
伯父さんの人生の終わり方については聞いてはいるけど
頼ってもらえないのは返って寂しく感じたりします。

これも私の性分で,頼られる事に自分の存在意義を見出したりするところがあるので。
普段はノホホンとしているけど,逆境には強いタイプですから
迷惑かけるなんて遠慮しないでくださいね。

長々と思いつくままに書き連ねてしまいました。
また思いがたまったら書きますね。

お身体に気をつけられますように。
[PR]
by love_dolly | 2006-03-13 21:47 | 逃げ場 | Comments(0)