2月の読書記録

2月の読書
読んだ本の数:14
読んだページ数:5649
ナイス数:57

少女達がいた街 (角川文庫)少女達がいた街 (角川文庫)感想
70年代の青春が蘇るだけのストーリーかと思ったていたら、とんでもない事件展開に………そして謎が解けていく過程の衝撃!!!ジンの青春への邂逅にノスタルジックな感傷が呼び覚まされる。
読了日:02月27日 著者:柴田 よしき

回転木馬回転木馬感想
悲しみを抱えた女性の心理が切々と伝わってくる。それが生への希望へと繋がる物語。
読了日:02月26日 著者:柴田 よしき

QJKJQQJKJQ感想
この作家さんを読むのは2作目。独特のセンスで不思議なストーリー。リアリティのない設定が逆に恐怖心を煽る。根底に人間普遍の心理が潜んでるような気さえしてくる混沌ゆえに面白かった。
読了日:02月20日 著者:佐藤 究

不夜城 (角川文庫)不夜城 (角川文庫)感想
日本のヤクザより怖い中国系。ドン底の男たちの命がけの戦いに怖気立つ。劉健一の見つけた愛の終焉だけが真実のような気がする。
読了日:02月19日 著者:馳 星周

夢より短い旅の果て夢より短い旅の果て感想
鉄子じゃないけど旅は好きなので鉄道の旅はキライじゃない。それにミステリーが絡んでて面白そうってなったのに最後は消化不良だったよー
読了日:02月15日 著者:柴田 よしき

フォー・ディア・ライフ (講談社文庫)フォー・ディア・ライフ (講談社文庫)感想
何作か読んで気に入った花咲慎一郎の原点がわかった。練との出会いも。ヤクザと刑事の中間みたいなオトコの切なさと優しさとダメさ加減が最高にチャーミング。
読了日:02月13日 著者:柴田 よしき

月神(ダイアナ)の浅き夢 (角川文庫)月神(ダイアナ)の浅き夢 (角川文庫)感想
シリーズ3作目!1番面白かった。緑子の強さは何処から来るのか、1作目目ではあまり好きじゃ無かったけどジワジワとハマった。事件の謎と並行する麻生と練の物語の深み。続きが読みたい、彼らの人生の先が知りたくなる。みんなキャラ濃過ぎ。
読了日:02月12日 著者:柴田 よしき

聖母(マドンナ)の深き淵聖母(マドンナ)の深き淵感想
前作のRIKOよりも断然面白かったのは,やっぱり麻生と練の物語が絡んでるから。切ないわ〜〜そして登場人物がどいつもこいつも色々と裏やら闇やらあるやつばかりで濃過ぎるわ〜〜あと 緑子って どんだけ犯されたらいいのって思った。
読了日:02月09日 著者:柴田 よしき

RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠 (角川文庫)感想
出てくる刑事たちがエ〜〜っていう奴ばかりで、主人公の女刑事もウッソ〜〜って言うキャラで、実際のところリアリティがあるのか無いのかはどうでもいっか。同性としては緑子に何の共感も持てず、彼女の恋愛も性愛も薄ら寒く感じただけ。オトコ社会で生き抜くオンナの逞しさと弱さを勘違いしてるような………でも面白かったという矛盾。
読了日:02月08日 著者:柴田 よしき

所轄刑事・麻生龍太郎所轄刑事・麻生龍太郎感想
あの麻生の若い頃の話。短編のストーリーもそれぞれ楽しめた。
読了日:02月07日 著者:柴田 よしき

シーセッド・ヒーセッドシーセッド・ヒーセッド感想
ハナちゃんの探偵シリーズ大好き ハナちゃんがカッコ悪くてカッコいい。
読了日:02月05日 著者:柴田 よしき

フォー・ユア・プレジャーフォー・ユア・プレジャー感想
探偵 花咲シリーズ気に入った!順不同で読んでるのであの山内と花咲とのつながりのキッカケもっと知りたい。前作も次作も期待して読めそう。
読了日:02月03日 著者:柴田 よしき

私立探偵・麻生龍太郎私立探偵・麻生龍太郎感想
「聖なる黑夜」を読んで本作を再読。麻生と練の関係がわかった上で読むと一層面白い。ラストの二人の関係がきになる。
読了日:02月01日 著者:柴田 よしき

黒猫の薔薇あるいは時間飛行黒猫の薔薇あるいは時間飛行感想
クールで暖かくて上品なミステリーで恋の物語。黒猫も付き人も相変わらずチャーミング。
読了日:02月01日 著者:森 晶麿


https://i.bookmeter.com/

[PR]
by love_dolly | 2018-03-01 14:06 | | Comments(0)