9月の読書記録

9月の読書メーター
読んだ本の数:14
読んだページ数:5592
ナイス数:143

ラストドリームラストドリーム感想
妻に先立たれた中年男の悲哀の描かれようが 心に響いて来なかったのは 男女の差の取り上げ方があまりにベタすぎたからか。男はみんなこうである、女はこうであるみたいな感覚について行けない。
読了日:09月28日 著者:志水 辰夫

Mの暗号Mの暗号感想
現実的じゃないけど荒唐無稽と切り捨てられないロマンがあって面白かった。徐々に宝に近づくワクワク感。4人の個性。船木刑事が切れるようでイマイチで可愛い。この4人での続編読みたい。
読了日:09月27日 著者:柴田哲孝

後悔と真実の色後悔と真実の色感想
最初は様々な登場人物が、さも主たる登場人物のように出て来て、連続殺人が起きても、犯人探しよりも他の何かが気になってた。西條の信条や生活がわかってくるに連れて、どんどん引き込まれた。物語が終盤に近づくと、もう涙が止まらず。西條の生き方のどこに、そんなにも苦しまなければならない原因が?大崎との出会いが全てか!救いのない西條の物語で辛いけど、全てを失った西條だからこその人生が始まると信じたい。
読了日:09月25日 著者:貫井 徳郎

桃色東京塔桃色東京塔感想
黒田の捻くれてて冷めたキャラはちょっと好き。苦手な恋愛の進行度合いも気になるし、事件の真相も気になるしでイマイチのめりこめず。
読了日:09月20日 著者:柴田 よしき

売国売国感想
途中何度かドキドキワクワクしたけど、結末は???富永が主人公のストーリー続編とかあったらいいなぁ。ラストにアカマ自動車と繋がって納得。
読了日:09月18日 著者:真山 仁

ハゲタカ4 グリード(下) (講談社文庫)ハゲタカ4 グリード(下) (講談社文庫)感想
最後にわかった鷲津の策略恐るべし!!!そして人としてもカッコいい〜〜♪
読了日:09月15日 著者:真山 仁

ハゲタカ4 グリード(上) (講談社文庫)ハゲタカ4 グリード(上) (講談社文庫)感想
鷲津に痺れる〜〜(*_*)リーマンショックの裏側が………鷲津みたいな人リアルにいるのか?
読了日:09月13日 著者:真山 仁

TV版ハゲタカ 「日本を買い叩け!」編TV版ハゲタカ 「日本を買い叩け!」編感想
またまた読む順番を間違えたが、それでも鷲津と芝野の闘いぶりにはドキドキした。小説だともっともっと感動したんだろうけど………
読了日:09月11日 著者:林 宏司,真山 仁,国天 俊治

TV版ハゲタカ 「再生へのバイアウト」編TV版ハゲタカ 「再生へのバイアウト」編感想
失敗した〜〜(*_*)このハゲタカってテレビの脚本だった。がっかり〜〜(*_*)軽〜〜く内容は分かって、それなりに面白かったが、原作はもっと濃いに違いない。鷲津の足の理由が分かった。
読了日:09月10日 著者:林 宏司,真山 仁,国天 俊治

ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)感想
基子ーー!!!痺れた〜〜!!!基子の心を溶かす門倉のキャラにホッとする。ジウの原風景と求めていたモノ。もぉラストにかけて涙止まらず!もっともっと読んでいたい。
読了日:09月09日 著者:誉田 哲也

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)感想
おー!!宮地って!!そんな生い立ちがあったのか〜〜(*_*)歌舞伎町セブンを先に読んだけど、それはそれで面白い。基子がミサキになっていく様も自作でわかるのか〜〜?ジウの謎も解けたし、サッサと条件付きの3へ〜〜♪
読了日:09月08日 著者:誉田 哲也

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)感想
歌舞伎町セブンのミサキだ〜〜♪伊崎基子だ〜〜♪SATとか大好物!東刑事だ〜〜♪ストーリー展開がスピーディで楽しい。ジウに興味津々。急いで次へ〜〜♪
読了日:09月08日 著者:誉田 哲也

看守眼 (新潮文庫)看守眼 (新潮文庫)感想
どの短編も、人間の弱さ醜さが描かれ、自分の中にもあるかもしれない心の隙間から得体の知れないモノが入り込んで逃げられないような恐怖感がある。
読了日:09月05日 著者:横山 秀夫

コラプティオコラプティオ感想
最初を我慢して読み進めると、もぉ止まらなくなった。政治・人間・哲学・正義・原発・途上国支援・権力闘争・・・様々な要素盛りだくさんで退屈せず!白石と神林の生き方変遷も面白く映画にでもなりそぉ〜〜東條や田坂のキャラも面白かった。
読了日:09月04日 著者:真山 仁

読書メーター

[PR]
by love_dolly | 2017-10-01 09:36 | カラダ:リウマチの現状など | Comments(0)